水漏れ 修理

ビル

屋根の水漏れの修理について

屋根の水漏れの修理の外壁面から雨水が浸水して、ドアやサッシ迴りしている場合などには防水紙や防水テープの張り直しをします。外壁のクラックなどとは異なり、見ただけでは判断できませんし、外壁をはがして作業するようになりますので、専門家でないと修理はできません。屋根の水漏れの修理の雨仕舞について雨仕舞(軒下・軒先・サッシ廻り等)が原因で雨漏りをしている場合は、絡まり(建築を構成する部分の取り合い、取付け具合)をします。この部分の施工不良は見ただけでは判断できませんので外壁を剥がしたりサッシを取り外したりしなければなりません。雨仕舞もやはり専門家でなければ修理はできません。このように屋根の水漏れの修理はとても大変ということがわかります。

関連情報一覧

屋根の水漏れの修理を自分でやるのは大変だ

雪害の為に屋根の水漏れの修理が必要に・・・

屋根の水漏れの修理について

震災後の屋根の水漏れの修理できない