水漏れ 修理

ビル

震災後の屋根の水漏れの修理できない

3月11日の震災で屋根の瓦が落ちた家が広い地域で、たくさんあります。みなさん、さらに瓦が落下することがないようにと、とりあえずブルーシートをかけています。しばらくは、余震があるからと屋根の水漏れの修理を後にしている家も多いと思います。実際に、大地震後は何度も大きな揺れがありました。5ヶ月たって、地震も少なくなってきましたが、今でも、屋根の水漏れの修理が完了している家は少ないです。業者が、手がまわらないということもありますが、肝心の瓦の生産が追いつかないようです。修理の依頼を受けても瓦の入荷数が少ないので、作業ができないというのが現状のようです。5ヶ月もすると屋根が崩れてしまった家では早く直したいと思っていることでしょうが、まだまだ時間がかかってしまうようです。

関連情報一覧

屋根の水漏れの修理を自分でやるのは大変だ

雪害の為に屋根の水漏れの修理が必要に・・・

屋根の水漏れの修理について

震災後の屋根の水漏れの修理できない